援交募集は最高?

援交体験者の中には、「あれは最高だった」と振り返る人もいれば、「今、真っ最中で最高!」という人も。

相手の女の子は若くて可愛くてバッチリ好みのタイプで、一緒に楽しく過ごす事が出来れば、ズブズブと深みにハマって行くのも当然でしょう。

好みは十人十色なのは当然ですが、共通して「若くて・性格も良く手・希望通りの事をさせてくれる」のが援交の相手としてはベスト!でしょう。

そんな夢のような体験を実現出来る可能性を期待させる援交だからこそ、多くの男性が魅せられてしまうのでしょう。

しかし、援交を楽しむのは、何も男性だけとは限らないのです。

女性にしても、セックスに抵抗感を抱かず、見知らぬ多くの男性とのエッチをエンジョイ出来る女性も沢山存在しており、彼女達もまた援交を支えているのです。

未成年は援交しません(という事に便宜上しておきます)ので、20歳そこそこの若い女性が自らの身体で「お金」を得る「仕事」を現実に行ってる状況は、男性からすれば何とも美味しい事であり、ぜひゲットしたい「商品」と言えるのかも知れません。

金品の授受が見つかれば法に触れてしまいますが、それはホテルという密室の中の行為です。

援交は今後も水面下で、着実に増加して行く事でしょう。

援交が天職、という女性が存在し、それを望む男性が存在する訳ですから、いわば「自然発生して当然の行為」と言えるのでしょう。

援交してくれる女性とは

援交をするのは、どのような女性なのでしょうか。

援交を実行する前にある程度の基礎知識を仕入れておくことが必要です。

まず、援交をする女性に共通するキーワードは2つ。

一つは「金銭」、もうひとつは「刺激」です。

つまり、援交をする女性は、「金銭的に余裕がある」か「日常生活に不満を持ち、刺激を求めている」場合です。

金銭系の逆援助を求める女性は、世田谷、鎌倉、芦屋などの高級住宅街に住んでいると思われがちですが、当たらずも遠からずです。

確かにこの地域に住むセレブやマダムは、莫大な報酬をちらつかせるタイプもいますが、そういった女性に対しては、こちらも相当自信が必要で、難易度が高く、援交成立もかなり難しいと考えてください。

初歩の段階では、基本的に小金持ちを狙うのが無難です。

特に稼ぎの良い旦那がいる主婦で、なお且つパートをしている主婦が狙いです。

なぜなら、旦那の稼いだ金銭がある程度確保されていれば、通常の生活で困ることがないのは分かりますよね。

その上で、パート等で外に出る口実があることが重要です。

専業主婦だと1日中家にいる場合が基本なため、半日家を空けると 旦那に怪しまれたりするので足がつきやすくなります。

その点パート主婦なら、外出していても怪しまれません。

よって、援交のターゲットは、ハードルの高いセレブ・マダムは避け、小金持ちのパート主婦と言うことになります。

その点を踏まえて攻略しましょう。

期待する男性たち

れっきとした犯罪行為にも関わらず、10代の女の子と密接な関係が見られる援交ですので、各都道府県の条例でも厳しい処罰対象として犯罪防止に努めていますが、それでも一向にその数が減らないのが現状です。

その理由は極めてシンプルで、それは中年の男達が女子高生を欲しているからに他なりません。

現実、援交で補導される女子高生を後を絶たず、あくまでそんな彼女達は氷山の一角に過ぎません。

水面下の人数を思えば、正直背筋が寒くなりそうです。

40代の中年男性としては、高校生といえば自らの娘世代です。

日常生活に於いて、そんな世代の女の子と接点を持つ機会は普通ありませんが、これを叶えてしまうのが援交です。

まず望めなかった女子高生とのエッチを楽しむ事が現実となるのですから、中年男性が援交に熱を上げてしまうのも男の摂理としては当然なのでしょう。
理屈では「女子高生とセックスなんて出来る訳が無い」と理解していても、性欲はその限りではありません。

不可能だと諦めていた事が叶う援交ですから、思わずそれが違法行為である事すら忘れてしまうのでしょう。
性欲ばかりでなく、その心までも満たしてくれるのが援交なのです。

捕まれば何もかも失うであろうリスクを覚悟の上で、それでも男達は援交に手を染める生きモノなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする